保湿化粧水

保湿ケアに大切なのは化粧水

保湿ケアに大切なのは化粧水

私が行なっている保湿ケアは、化粧水をふんだんに使うということです。お風呂上りに普通に化粧水を馴染ませるだけでは、どうしても乾燥に太刀打ちできません。また、高級な高保湿化粧水を使っても、ケチケチと少量しか使わなくなってしまってあまり効果を感じられませんでした。

 

一番効果があったのは、安い化粧水をとにかくたっぷりと使うことです。

 

手のひらで温めた化粧水を肌に馴染ませて、しっかりプッシュして肌に押し込みます。ひたひたした感じがなくなって肌に全部浸透したら、さらにもう一度化粧水を重ねづけします。それを3回くらい繰り返すと、肌はかなりもっちりとします。そのあと、乳液やクリームで保護します。

 

乾燥が気になる時には、何枚かに割けるコットンに化粧水をひたひたにして、コットンパックをします。コットンパックの上から、ラップを被せると、スチーム効果でさらに肌に浸透してくれます。保湿には、とにかく化粧水の使い方にこだわるのが一番だと思います。

 

保湿おすすめ化粧水についてはこちらのサイトに書いてあります。

 

帰宅後が勝負の美白ケア

日差しの強い地方に住んでいてしかも屋外にいることも多い保育園勤務です。個人的に日焼けと美白が一大テーマとなっています。とにかく出勤前、出勤後、園庭に出る前、必ず紫外線カット効果の強い日焼け止めと塗りまくります。赤ちゃんとのスキンシップも多いのでファンデーションは仕事中に使えません。外遊びの際は子供たちといっしょに帽子は必ずかぶります。そしてできるだけ日陰にいるように心がけていますが、これがなかなか難しいです。

 

美白とはどうしても無縁になりがちな保育園の仕事なだけに帰宅後が勝負です。すぐに洗顔をして汚れを落としたら美白効果の高い化粧水、乳液、ゲルをひと通りピタピタたっぷりしみこませます。手の平で顔を包み込むようにやさしくお手当てする感じです。

 

しばらくしてくるとまた肌も乾燥しはじめますので、頃合いを見計らって今度は美肌マスクでパック。好きな音楽を流してリラックスタイムもかねます。

 

美肌パックはやはりお値段と効果が比例している気がするので、普段はお安いものをがんがん使いますが、数日に一度は有名化粧品メーカーのお高いものを使ってさらに美容液もたっぷりと肌に与えています。

 

これだけやっても仕事柄、美白確保は難しいですが、なんとかがんばってシミを一個でも増やさないようにと心がけています。

ホーム RSS購読 サイトマップ